本文へスキップ

MOSとは/通信講座でエクセル・ワードをマスターしよう!

エクセル・ワード・MOS

エクセル・ワード 講座

こっそり学ぶ!エクセル・ワードexcel  word

MOSとは


マイクロソフト オフィス スペシャリスト(MOS)とは、マイクロソフト社公認の世界標準のパソコン資格です。

ワードやエクセルの技能を、開発元のマイクロソフト社自らが証明する唯一の国際資格です。

合格すると世界共通の認定証が発行され、マイクロソフト社のワードやエクセルなどを使えることを、世界中どこに行っても証明できます。

どの仕事でも、パソコンと向き合う時間が長い時代です。事務職に限らず、営業職、技術職、企画職、専門職など、どの職種でも、どれだけパソコンを使いこなせるかが、就職活動や転職、キャリアアップにも必須になっています。

最近では、求人の条件に「PCスキル」と書いている企業は少なくありません。

PCスキルの中でも、エクセルやワードは毎日使うのですから、基本的なスキルくらい持っていないと、困りますよね。

面接で「私はパソコンを使えます!」とアピールしても、どの程度使えるか説明しづらいため、面接官にはなかなか伝わりません。

そこで便利なのがPCスキルを証明する資格、世界基準でワードとエクセルの技能を証明するマイクロソフト オフィス スペシャリストなのです。

マイクロソフト オフィス スペシャリストを、新人研修やキャリアアップに奨励している企業も多いため、資格の信頼性は十分です。


PCスキルを客観的に証明するには、資格を取るのが確実です! 

中でも、マイクロソフト社が認定する世界基準の「マイクロソフト オフィス スペシャリスト」であれば、まず間違いはありません。

ところで、皆さんは履歴書に書ける資格を何個お持ちでしょうか?

マイクロソフト オフィス スペシャリストは、「ワードの資格」「エクセルの資格」など履歴書にたくさん資格を書けるのも魅力です。

この資格の特長は、単に取って終わりの資格ではなく、なんといっても実務に活かせるスキルが身につくことです。

ワードやエクセルのうち、普段使っている機能はごく一部という方も多いはずです。

隠れた便利機能を知ることで、業務の効率化や、きれいなグラフを入れた分かりやすい資料作りなど、すぐに実務に活かすことができます!



MOS 資格取得